2013年12月12日
あといくつねるとお祭り?

こちらではお久しぶりです。
首謀者、全ての元凶のあおつきです。

冬のコミックマーケット85まであと18日と、いよいよお祭りの気配が迫ってまいりました!
今自分で言ってかなり切羽詰まってます。18日……だと!?

あ、制作は順調に進んでおります。来週の末にはマスターアップの雰囲気をにじませ、当日のご案内だったり色々ご連絡できると思います!

その際にwebサイトも更新して、前のままだったティザーサイトも更新出来……れば良いなぁ(願望

更には!

共通ルート編・冬コミ用PVの公開の気配も漂わせております!
おお、うちのサークルじゃないみたいだ!(何

※全ては予定であり、確定はしておりません

コミックマーケット85での当サークルは【3日目(12/31)と-17a】にいます!
冷やかしでも構いませんので、是非お越しくださいね!

珍しく連日更新します。明日は声優さん大発表の巻!
是非是非チェックしてみてください!


カテゴリ:―
2013年12月7日
第四回 悪魔学講座

ゆうひ「ゆうひ先生と」

ゆうひ「悪魔学講座~!!」

 

ドンドン!!

パフパフ!!

 

ゆうひ「というわけで今週もやってまいりました、悪魔学講座のお時間です」

ゆうひ「みんな待っててくれたかな?」

………………。

…………。

……。

ゆうひ「む、無反応……」

ゆうひ「ご、ごほんっ!!」

ゆうひ「気を取り直して行きましょうか」

ゆうひ「さて今回は第四回目という事で予告してあった通り悪魔の生態について学んでいきます」

ゆうひ「この講座も今回で最後になっちゃうけど気を緩めずにがんばっていこーっ!!」

 

*  * *

 

ゆうひ「改めましてこんばんは」

ゆうひ「今日は悪魔の生態についての勉強をしていきます」

ゆうひ「まず最初に悪魔の見た目についてです」

ゆうひ「基本的には人間と変わりません」

ゆうひ「ですがその全身には刻印を纏い、人間を使役するときにそれの刻印が重要な意味を持つと言われています」

ゆうひ「だから最初は人間に紛れていたんじゃないかなんて事も言われているんだよ」

ゆうひ「次に悪魔の力についてですが、悪魔の力は大きく分けて三つ」

ゆうひ「ひとつはそもそもの筋力の発達の仕方が人間とは異なり、ひと薙ぎで一つの街が無くなると言われています」

ゆうひ「これが本当だとすると想像を絶する力になるんじゃないかな」

ゆうひ「二つ目は、召喚する力と言われています」

ゆうひ「これは前回学んだ、『煉獄の囚人』のときに使われていることから、そういう力があるんじゃないかという説があるみたい」

ゆうひ「私もどちらかといえばこの説には賛成派ですが、様々な意見があって教科書ごとにも少しずつ見解が異なっているのでここでの言及はやめておきます」

ゆうひ「最後は人間を使役する力」

ゆうひ「これは悪魔が人間を使役することで地球全体の生物を滅ぼそうとしたんじゃないかという背景から言われています」

ゆうひ「過去の文献を調べても世界人口が突然減ったとか、人間同士が突然獣のように争い始めたと言われています」

ゆうひ「これこそ悪魔の本当の力なんじゃないかと説く学者さんも結構多いみたい」

ゆうひ「なんにしても人間を使役する力が本当にあったとしたら、今の世界はどうなっちゃうんだろう」

ゆうひ「もしかしたら今でもひっそりと悪魔に対抗して治安維持をしている人がいたりしてね」

 

*  * *

 

ゆうひ「さて、大体ざっとこんな感じで悪魔学の基礎の基礎はわかったよね?

ゆうひ「これを予習しておくことで本編がより一層楽しくプレイできると思います!!」

ゆうひ「さてさて、長くなりましたが今回で悪魔学講座はおしまいです!!」

ゆうひ「次に皆さんと会えるのは本編『天使の涙の黒い理由は』の中になります!!」

ゆうひ「皆さん、是非お手に取ってくださいねっ」

ゆうひ「それでは~」

 

 


カテゴリ:―
2013年12月4日
ボイス公開!!

12月到来!冬コミの月ですね!
みなさん欲しいものを手に入れるべく色々と計画中なのでしょうか!!
師走と言うだけあって本当に忙しい時期です><
ですがみなさんの熱いハートにお届け出来るように頑張りますので是非是非我らがスペースにお立ち寄りください!
スペースNoは「3日目 と-17a」です!

さて、前置きが長くなりましたがみなさんお待ちかね!!
声優さんを発表しちゃいますよー!!
とは言っても一名だけですが(´・ω・`)

とにかく行ってみよーっ!!

ジャカジャカジャカジャカ……
ジャンッ!!

今回ご紹介させてもらうのは、我らが化学部部長『如月紗衣』の声優さん『渡会ななせ(わたらいななせ)』さんです!!

拍手~♪

という事で体験版から引き続き、紗衣役でお願いすることになりました渡会ななせさんですが、
可愛らしくも凛々しい声に制作陣一同心を奪われてしまいました(笑)
僕の中ではもう紗衣=渡会さんと言うイメージで固まってしまいましたが、
まだプレイされてない方はどのような声なのか、気になっちゃうところじゃないでしょうか。

そこで今回はサンプルボイス、ちょっとだけ聞かせちゃいます。
準備はいいですか?
では、紗衣ちゃんこと渡会さんの声を堪能あれ♪
紗衣 サンプルボイス①

紗衣 サンプルボイス②

紗衣 サンプルボイス③

いかがでしたか?
もう大人な色気がすごいでしょ?
もう、この紗衣ちゃん今すぐお持ち帰りしたい!!
おっと、ちょっと本音が漏れましたね、失礼。

渡会ななせさんのtwitterはこちら!

https://twitter.com/rainanasan

それでは長くなりましたが、本当に本当に大詰めになってきて、全員マジで必死です(笑)
正月になったら絶対ゲームするからな、絶対だっ!!
という事で長くなりました。
次回の更新日は日曜日となりますのでよろしくお願いします。
それでは。


カテゴリ:―
2013年12月1日
第三回 悪魔学講座!!


ゆうひ「みなさんこんばんは~」

ゆうひ「実はもうおねむの時間かな?」

ゆうひ「だけどC85に向けての予習は欠かせません!」

ゆうひ「さぁ、今日も頑張っていってみよ~!!」

ゆうひ「今週んは前回予告したとおり悪魔学の歴史についてのお勉強をしたいと思います」

ゆうひ「とは言っても細分化してちゃうと長くなりすぎたり、そもそも複数の意見があったりして断定できないから、悪魔学の中で最も大きな出来事を三つだけ紹介したいと思います」

ゆうひ「じゃあまず一つ目は*『煉獄の囚人』についての概説を紹介したいと思います」

煉獄の囚人(Prisonniers infernaux)

――先史時代に起こったとされる、悪魔によって大量の人々が虐殺されたとされる事項である。学説上は悪魔によって伝説上の生物であるセイレーンやティアマトなどを使役して人間を滅ぼそうとした、とされている。かつての地質から地上のモノとは異なる性質(現世に存在する技術では再現が不可能な構造)の羽根や約100フィート(約30m)以上ある骨が見つかっている。また洞窟絵画の中にもこの事件と思われるモノが多数存在し、その信ぴょう性は決して低いものとは言えない。

ゆうひ「これが『煉獄の囚人』の概要になります」

ゆうひ「先史時代の出来事だから推測の域は出ないのだけれど、古代の生物ではあり得ない構造の化石が発見されたり、この世界とはまるで別世界のモノが発見されているのも事実です」

ゆうひ「それを悪魔が行ったのだとすると相当悪魔の力というのが強い事が想像できますね」

ゆうひ「さて、次に行ってみよう!!」

* *    *

ゆうひ「じゃあ次は『魔羯宮(まかつきゅう)の霧』について説明します」

魔羯宮の霧(Brouillard diabolique)

――有史以来、初めて世界中を巻き込んだ感染病である。世界に悪魔に振りまいたウィルスによって、風や水などを媒体にして瞬く間に世界中に広がった。強い毒性があり体内に入ってまもなく全身が病巣となる。身体中に黒黴のような点が浮かび上がり、次第に身体から腐敗臭がし始め、最終的には腐敗した部分が腐り落ちて激痛により死亡する。(原文ママ)

ゆうひ「というのがこの事件の概要なんだけど、たった15日で世界人口の約5

%が減ったという資料も残っています」

ゆうひ「それだけ悪魔の力が強大だった事がわかるよね」

ゆうひ「ただこの事件については問題点を指摘する研究者もいます」

ゆうひ「歴史的な資料が複数ある場合はその数に応じて説も出てくるというのが普通なんだけど、この『魔羯宮の霧』についてはまるで言論統制されたみたいにこの説しか存在していません」

ゆうひ「複数の資料をかき集めてもほとんどコピーペーストしたようなモノばかりが出てきていて不自然さを指摘する研究者も多いみたい」

ゆうひ「『魔羯宮の霧』について最初に記した人がDime=Quoin(ダイム=クオン)という人なんだけど、この人がまた不思議な人でこの事件について以外の資料や本が一切残されていないというのです」

ゆうひ「もしかしたら誰かによって殺されたのかもしれないし、資料が隠蔽されている可能性も示唆されていますが、その辺りはまだ詳しく究明されていません」

* * *

ゆうひ「そして最後は『15番目の粛清』という悪魔学史上最も大きな出来事と言われている事件について説明します」

15番目の粛清(Le dernier nettoyage)

――悪魔学史上、最も被害者総数が多いとされる出来事であり、悪魔の存在をこの世界に知らしめた原因でもある。悪魔の放った光によって世界人口の一割が消失したと言われている。

唯一の文献が美空学園の図書室に所蔵されているが一般公開はされておらず、また著者も不明である。

ゆうひ「という事で、この『15番目の粛清』によって世界中で悪魔という存在を認識しました」

ゆうひ「そこで作り出された組織が研究者と言われていますが、この事件自体が相当古い時代の出来事なのでその事実は不確かであるとされています」

ゆうひ「ちなみにこの『15番目』と言うのは、タロットカードの大アルカナのなかで15番目に来るのが悪魔のカードだからと言われています」

ゆうひ「このように悪魔学には大きく分けて三つの大きな事件がありました」

ゆうひ「それらによって人類が何度も滅亡させられそうになっているのにも関わらず悪魔にそれが出来なかったのは、悪魔に対抗する術が実は存在してるからなんて噂話もありますが、それは本編をプレイすれば自ずと見えてくるかもっ」

ゆうひ「さて、今週はここまで!」

ゆうひ「来週は悪魔の生態についてをまとめて悪魔学講座は終了となりますっ」

ゆうひ「ラスト一回だからって気を抜いちゃだめだからね」

ゆうひ「画面の前のあなたが悪魔学に少しでも興味を持ってくれたら嬉しいな」

ゆうひ「ということでまた来週~」

p.s.

12月より更新日が毎週日曜日と木曜日に変更になりました。c85へ向けて駆け足で制作していきますので今後とも変わらぬご声援よろしくお願いします。

 


カテゴリ:―